旅写真ギャラリー <イーゴス108>

イーゴス108
びわ湖タワー

日時     2007/09/01
場所     滋賀県 びわ湖タワー跡地
F値     6.7
露出時間   1/250

どうも昔から古いモノが好きだ。
中でも古い建物が好きだ。あの感じ、たまらない。
なんだろう、胸の奥がムズムズする感じ。
もう使われなくなって打ち捨てられた建物。
じわりじわりと朽ち果てていく建物。

世界には廃墟好きがたくさんいる。
一応、自分もその一人だ。あまり深くは踏み込んでないので、廃墟マニアまではいかないけど。

滋賀県にあった、びわ湖タワーという遊園地は私にとって思い入れの深かった廃墟だ。
詳細は以前記事にしたのでここでは簡単に述べるが、思入れが深い理由は、びわ湖タワーが閉園する数日前にたまたま訪れた事にある。
2001年にバイクでちょっとだけ日本をまわってる時に、びわ湖タワーの事など全く知らずに訪れたのだ。
閉園間際で最後の記念に来園する人が多かったのだろう、園内はとても賑わっていて、びわ湖タワーの存在すら知らなかった私はとても楽しい気分になってしまった。
まるで子供時代に戻って縁日に来たみたいな。

すごーいよ!イーゴス108!①


そして後に廃墟の写真集を買って見てたら、びわ湖タワーが載っていたので廃墟になっている事を知り、2007年、再びバイクで日本を走ってまわっていた私は、イーゴス108を見たくてまたびわ湖タワーを訪れた。

敷地の一部は大手家電量販店などに変わってしまっていたが、大観覧車イーゴス108だけはそのまま相変わらずそびえ立っていた。
色んな角度からイーゴス108を撮ったが、この1枚が一番のお気に入りだ。
しばらくはパソコンの壁紙にしていたほど。

世間から見向きもされなくなっても、少しずつ錆びて色褪せていっても、イーゴス108は立派だった。
現在、イーゴス108は解体され、なんとベトナムのダナンという町のテーマパークに輸出され、現地で活躍しているらしい。
廃墟化した建造物が、ただの廃墟で終わらず、再度陽の目を浴びる事になった珍しい例だ。
良かった。滋賀県民でもないのにこっそり嬉しい。
なにより、イーゴス108の雄姿をこうして写真におさめる事ができて嬉しい。

今頃、イーゴス108はベトナムでたくさんの笑顔を乗せて回っていることだろう。

総天然色廃墟本remix (ちくま文庫) [ 中田薫 ]

価格:1,404円
(2019/2/22 23:12時点)
感想(0件)


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ


すごーいよ!イーゴス108!①
すごーいよ!イーゴス108!②
すごーいよ!イーゴス108!③
旅写真ギャラリー <波打ち際でのウンコ>
旅写真ギャラリー <廃タイヤで作られたライオン>
トップページへ

投稿者:

ぐるじあ

日本人。10年ぐらい日本国内や海外を時々旅して時々働いて過ごしてきて、最近になって恥を忍んでそれらをネットで公開しています。信念は特にないです。

他にもこんな記事あります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。