旅先で会った良い音楽 <M83>

旅先で会った良い音楽、今回は「M83」というアーティストを。

M83は、バンドではなく、アンソニー・ゴンザレスというフランス人ミュージシャンのソロプロジェクト。
私がM83を聴くうようになったきっかけは、2009年のフジロックフェスティバルだった。
フジロックって日本ではほぼ無名のアーティストもたくさん出る。なので事前に出演アーティストを調べて、知らないアーティストがどんな音楽なのかできるだけ予習しておかないとどういう流れでステージをまわったらいいか決められない。
それで2009年の出演予定アーティストのラインナップに入っていたM83を初めて知り、音源を聴いてみたらとても気に入り、これは是非生で見たいと思い、ばっちりステージも見てきた。

ちなみに2009年の頃、私はよく日本国内を自転車で旅していた時期で、フジロックも自転車で行くことにした。
フジロックを核にし、その行きと帰りを自転車旅として楽しむ。
でも、フジロックって新潟県の苗場スキー場で開催されるんだよね。
スキー場。つまり標高が高い。そこまで自転車で。

一言で言ったら、めっっちゃくちゃキツかった!

新潟着くまでに既に一週間以上野宿を繰り返し移動してきて、体力的にしんどくなっているところでやっとスキー場までの登り口にさしかかった。
そこから苗場スキー場まで、私の記憶が確かなら30㎞以上あって、ずーーーーっと上り坂。いやまあ当然といえば当然なんだけど。スキー場だから。
坂道を上り始めてしばらくしたら急な上り坂で、立ちこぎしても上れなくなり、仕方なく降りて自転車を押しながら上る羽目に。
自転車の荷台にはテントやキャンプ用品がどっかと積まれていてかなり重い。それを押しながら進む。たぶん時速にしたら2㎞/時ぐらいだったのではないだろうか。
傾斜が緩やかになってきたら自転車こいで進んで、キツくなったら押して歩く。ひたすらその繰り返し。

普段日本を自転車で旅してる時は多少上り坂があってもしばらく耐えた後には下り坂があって、汗だくの身体にすり抜ける風が最高に気持ちいい・・・んだけど、それが一切無い。ただただ上るだけ。
季節は7月後半。天気は晴れ。気温は計ってないけどたぶん30度以上は間違いなくある。
ボタボタと顔をつたって滴り落ちる滝のような汗。顔は自然とうつむいてしまう。

通り過ぎる車はほとんどがフジロックに向かっている人ばっかりで、すっかりテンション高めな人もいて、追い抜きざまに「頑張ってー!」などと声をかけてくれる人もいたんだけど、こっちは元気に答える気力など全くなく、うつむいたまま手を上げるのが精いっぱい。あの時の人達ごめんよ。
ところどころで休憩を取りながらやっとの思いで会場まで着いた時は心身ともにかなり衰弱していた。
でもまずはチケットをリストバンドに交換するのに列に並ばなきゃいけないので並んでいたら、ふと気づくと自分の後ろに並んでる女性がやたらと離れて距離を取ってる。
ん?なんだろう・・・?
最初はその理由がわからないかったけど、途中で理解した。

俺臭いんだ!・・・と。

汗めちゃくちゃかいて上ってきたばっかとは言え、そんな近づけない程臭いんだ!
女性は一定の距離を保ちながら、時々さりげなく鼻のあたりを手で覆うような仕草もしてる。
気を紛らわすためなのか、携帯で電話し始めた。
ごめんよ臭くて。でもどうしようもないんだよ。
・・・すいません、かなり話が脱線してしまいましたが、要はフジロックでM83のステージを見る前にそんな苦労があった、という話です。

M83の曲は、ジャンルとしてはエレクトロニカとかになるんでしょうかねぇ。そういうジャンルの分け方はよくわかりませんが。
主にインストゥルメンタルの曲が多く、歌という歌はあまり入ってないことが多い。
曲調もシューゲイザー的な感じで、そういうのが好みでない人には退屈かも。なんか眠たくなったりするし。
なので、M83が好きな私でも思わずスキップしてしまう曲はある。
けれど、映画のサントラを手掛けたり、他のバンドのサポートメンバーをしたり、音楽的な実力は本物。
お気に入りの曲はたくさんあるんだけど、ここで勝手に個人的に好きなM83の曲ベスト5を発表します!(世間的にめちゃくちゃ需要の低いベスト5だな)

  1. Unrecorded (後半のノイズ風に加工してある声が最高!)
  2. Asterick (曲は短いけど疾走感が最高!)
  3. Raconte-Moi Une Historie (チビッコのカエルになる話がかわいくて最高!)
  4. Wait (曲もいいけど映画みたいなPVが最高!)
  5. Slowly (M83のデビュー曲?やりたい事全部詰めました感が最高!)

以上がベスト5ですが、他にも「Graveyard Girl」とか「A Guitar And A Heart」とか「Kelly」とか「Oblivion」とか「Midnight City」とか、好きな曲がたくさんあって、順位つけるのが心苦しい。
とりあえず今回はベスト1に輝いた「Unrecorded」のYouTubeのリンクだけ置いときますね。この曲はPVが無いので音源のみですが。
ついでに、アルバム全体で言ったら、一番良いアルバムだなと思ったのは2011年にリリースされた「Hurry Up, We’re Dreaming」というアルバム。

今のところ私の周りでM83を聴いてる人に会った事がないんだけど、フジロックに来るぐらいなんだからそれなりに知名度はあるんだろうなぁ。フジロックのステージもレッドマーキーだったし。

音楽の好みって時間と共に結構移ろいやすくて、一時期はこのアーティスト聴いてたけど今全然聴かないわーっていうのあるじゃないですか。
でも私にとってM83は長い間好きなアーティストで、それをこんな来訪者の少ない場末のブログとは言え、世の中にM83はいいよ!と発信する事ができてなんかうれしい。
そんな訳で、旅先で会った良い音楽、M83でした。

【輸入盤】Hurry Up We’re Dreaming (Digi) [ M83 ]

価格:2,215円
(2020/1/19 19:26時点)
感想(0件)


にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

旅先で会った良い音楽 <Hocus Pocus>
旅先で会った良い音楽 <Stromae>
旅先で会った良い音楽 <Imany>
トップページへ
投稿者:

ぐるじあ

日本人。10年ぐらい日本国内や海外を時々旅して時々働いて過ごしてきて、最近になって恥を忍んでそれらをネットで公開しています。信念は特にないです。

他にもこんな記事あります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。